バッテリー最大容量の調べ方

中古スマホを使う際に気になるのが「バッテリーの最大容量」

中古だからと言っても少しでも気持ちよく長く使いたいですよね。

今回はバッテリー最大容量の見方から使い方のコツまでご紹介いたします。

 

バッテリー最大容量とは

 

「最近、バッテリーの持ちが悪くなった」「充電の減りが速い」

スマホも持ってる方は一度は経験があるのではないでしょうか。

そんな時に参考になるのが、バッテリーの最大容量です。

もし充電を100%しても、バッテリー最大容量の表示が80%であれば内部の充電は80%までしかされていないということになります。

つまり、このバッテリー最大容量とは【蓄電量】と言えます。

新品の状態は100%ですが、充電・放電を繰り返すことで、最大容量が少しずつ減っていきます。

iPhoneをはじめ、リチウムイオン電池を採用していることがほとんどですが、

Appleによると、リチウムイオン電池はバッテリー残量が0%から100%までフル充電 を500 回繰り返した後も

本来の蓄電容量の最大 80% を維持するよう設計されています。

目安として言われているのは、80%を切るようですと「電源が入らない・充電が溜まらない・充電が持たない」というトラブルが発生し

「バッテリーが老化している」と判断できるので替え時になります。

では次に、このバッテリー最大容量の見方をご説明していきます。

バッテリー最大容量の調べ方

 

お手持ちの端末でバッテリー最大量をお調べする方法は下記の通りです。

 


【iPhoneの場合】

①本体の「設定」→「バッテリー」

 

②「バッテリーの状態」を開く

 

 

③「最大容量」を確認する

 

 

 


【androidの場合】

Android スマホは、メーカーや機種で機能に違いがあるため、バッテリー状態を確認できない機種もございます。

今回は、「AQUOSシリーズ」と「Xperia シリーズ」で紹介いたします。

 

《AQUOSシリーズ》

①本体の「設定」→「端末情報」

②「端末の状態」を開く

 

③「電池の状態」を開く

 

 


《Xperiaシリーズ》

①本体の「設定」→「システム」

 

②「端末情報を開く」

 

③「電池性能表示」を開く

 

 


【iPadの場合】

iPadの場合はiPhone同様の項目がないため、最新のiOSを搭載していたとしても現時点ではバッテリー診断は使用できません。

確認したい場合は、

  • 「Apple Store」
  • 「アップル正規サービスプロバイダ」

に直接行っていただくと診断してくれるようです。


 

【みんなのすまほで取り扱う端末のバッテリー状態】

みんなのすまほで取り扱う端末のバッテリー状態につきましては、携帯端末が備える機能で確認しています。

最大容量が確認できる商品はその数値を、具体的な数値がでず良好かどうか確認できるのみの場合は「良好」という結果が出たものみを商品として各商品ページに掲載しております。

以下条件を満たすもののみ販売しており、最大容量値(%)と確認日を記載しています。

iPhone・・・81%以上

android・・・良好or80%以上

一部内蔵電池の充電能力を確認できない機種もございます。

その場合は、所定の操作基準をクリアしているもののみを掲載しております。

弊社、携帯市場が運営するロジスティックスセンターでの検品の様子もご参考ください。

 

バッテリーの老化について

 

電話やメール、動画視聴にLINEやゲーム。たくさんのことができるスマホだから

その分、バッテリーを多く消費するものを使えば持続時間は短くなっていきます。

画面の破損や部品の損傷は直せてもバッテリーの老化は完全に防げるものでなく個人の使い方によっても消耗具合は異なります。

スマホのバッテリー寿命は「約2~3年」と言われています。場合によっては1年程度で交換が必要になることもあります。

劣化した状態で使い続けた場合、充電するサイクルが短くなり、頻繁に充電を繰り返さないといけない。

さらに急に電源が落ちてしまうなどの不具合が発生することになりかねません。

もし、スマホを買い替えるとなった時、外観の状態だけではなくバッテリーが80%以下の場合は買取金額にも影響してきます。

急なトラブルに見舞われないように、そしてバッテリーの寿命が来る前に、高値買取りができるように適切なタイミングで上手に乗り換えるのが良いですね。

バッテリー老化を防ぐには

 

バッテリーを少しでも長持ちさせて健康な状態でいてもらうには、適切な温度で使用することが大切です。

 

スマホに利用するリチウムイオンバッテリーは熱の影響を受けやすく、故障の原因につながるだけでなく、熱により膨張・発火の恐れがあり非常に危険です。
引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000069167.html

 

Appleによると、iPhoneに最適な周辺環境の温度は16℃~22℃です。

また、スマートフォンは繰り返し充電をして使いますが、充電のタイミングに気を付ければバッテリー老化を防ぐことができます。

常に充電がフル充電(100%)の状態でないと不安な方もいらっしゃると思いますが、残量20%程度を目安に充電されることをオススメします。

100%の状態で充電し続けるのもよくないので、フル充電(100%)までいかない程度に充電することもポイントです。

バッテリー性能の劣化を防ぐためには、

  • 高温の環境に放置しない。特に夏の時期や車内は要注意!
  • 熱がこもりやすい場所は極力避ける
  • ながら充電に気をつけ、腹八分目で抑える

といった工夫が有効です。